から紅の恋歌のネタバレや真犯人は??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

から紅の恋歌のネタバレ

『名探偵コナン から紅の恋歌』(めいたんていコナン からくれないのラブレター)が
今週の20日(金)金曜ロードSHOW!で放送されます。

「から紅の恋歌」は昨年の4月に劇場公開されて、邦画興行収入ランキング第1位になり
収入はシリーズ最高の68億9,000万円でした。すごいですね!

公開44日間で観客数が約500万人超えたので、あらすじネタバレは、インターネットを検索すれば、
いろいろとでています。まだ、見ていない人は読まない方がいいと思います。

簡単なあらすじは、いつものように殺人事件が起きて名探偵コナンが犯人捜しをします。
犯行を認めた人が出てきますが、コナンはそれを否定して真犯人を当てます。さすが名探偵だということになります。

映画の中に小倉百人一首の競技かるたが出てきますが全日本かるた協会の方が映画の監修をしました。
映画のシーンは本物のかるた競技みたいです。

映画「名探偵コナン」を見る人の7割は女性だそうです。

「から紅の恋歌」ではコナンこと工藤新一の親友の服部平次(はっとり へいじ)とその
幼馴染の遠山 和葉(とおやま かずは)とのラブストーリーがあります。
女性だったら和葉を自分に置き換えて映画を見るかもしれません。
ロマンチックな内容でしょうか。

スポンサードリンク


から紅の恋歌の真犯人は?

「から紅の恋歌」の原作は青山剛昌さんですが、映画「から紅の恋歌」では
大倉崇裕(おおくら たかひろ)さんという推理作家が脚本を担当しています。
なんとなく映画化しているのではなく本格的ですね。

大倉崇裕さんの小説がいくつか映像化されていますが、
昨年はドラマ「警視庁いきもの係」(主演:渡部篤郎)が放送されました。

まんがの原作と推理作家の脚本がうまく合わさって映画「から紅の恋歌」が作られました。
だから、いい映画ができたんですね。

いろいろな登場人物がいますが、真犯人は誰でしょうか。意外な人ですよ。

スポンサードリンク


から紅の恋歌の声優にあの人が!

「から紅の恋歌」はアニメ映画なので声優がいますが、京都を舞台にしているので京都出身のタレントがゲスト声優として登場します。

それは、お笑い芸人の宮川大輔さんと女優の吉岡里帆さんです。昨年、「から紅の恋歌」
劇場公開のときに予告の紹介でテレビにでていました。

2人とも声優は初めてで難しかったと感想を言っていました。
ネタバレや真犯人のことは言ってませんでした。

宮川大輔さんは関根康史というカメラマンの声を担当します。
吉岡里帆さんは枚本 未来子という高校生でかるた部の主将の声を担当します。
「から紅の恋歌」のプロデューサーが2人を選んだそうです。

宮川大輔さんを選んだ理由は「コミカルな世界背景にしながらマジメにハードなトライアルを繰り返す驚異のお祭り男!」だからだそうです。

吉岡里帆さんを選んだ理由は「メガネをかけた理知的で努力家という設定なので、
小さいころから演劇の世界を目指してがんばってきて、昨今女優として華々しい活躍をしている。」からだそうです。

「から紅の恋歌」を見ながら2人の声だとわかるでしょうか。
楽しみですね。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*