保毛尾田保毛男とマツコの違いは?テレビの表現規制は正解なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「とんねるずのみなさんのおかげでした30周年記念SP」で20年ぶりに登場した保毛尾田保毛男に抗議の声が上がっている中で、問題となっているフジテレビがコメントを出しました。

テレビの表現規制が厳しくなってきていますが、厳しくし過ぎるとテレビがおもしろくなくなるという話もあり、問題はフジテレビだけではおさまらない状況のようです。

マツコ・デラックスさんなど多くのオネェ系?タレントが増えてきている中、保毛尾田保毛男とはどこが違ったのでしょうか。

スポンサードリンク


保毛尾田保毛男とマツコの違いは?

「とんねるずのみなさんのおかげでした」に定期的に出演していた保毛尾田保毛男が先日の

「とんねるずのみなさんのおかげでした30周年記念SP」に20年ぶりに出演したことで、フジテレビへのバッシングにつながっています。

 

保毛尾田保毛男のネタは「あんたホモでしょ?」と聞かれ、「ホモでなくて、あくまでもうわさなの」と答える定番のやり取りがあるようなのですが、これが問題っているようです。

マツコさんやIKKOさんらオカマ系のタレントが多くなっている中、なぜ保毛尾田保毛男がバッシングを受けたのか。

ここ近年ではIKKOさんから始まり、マツコさんなど多くのオカマ系のタレント幅広く活躍しています。

 

そのおかげで、男性の同性愛者への偏見は少なくなってきつつあるようです。

今回問題となっているのは、表現のしかたのようで、保毛尾田保毛男が批判を受けたというわけではなく、「ホモ」という表現がよくなかったようです。

 

マツコさんが許されて、保毛尾田保毛男が許されない理由としては、マツコさんは自分がそういった人間であるということを堂々としていることに対して、

保毛尾田保毛男は同性愛者を馬鹿にするような感覚だからなのでしょう。

 

本当にバカにしているのかはともかくとして、こういった違いが今回の問題なのではないでしょうか。

スポンサードリンク


保毛尾田保毛男は問題だったのか

保毛尾田保毛男が出演した回を批判するコメントの中でこんなものがありました。

「2017年にホモという言葉をテレビで聞くとは思わなかった」

このホモという言葉が今回の問題になるようで、同性愛者(セクシュアルマイノリティ)への差別発言になっていると。

現在では男性の同性愛者は「ゲイ」を使うことが浸透していて、「ホモ」や「オカマ」といった言葉は、侮蔑的、差別的ば言葉としてとらえらえています。

 

ですが、もともと「ホモ」という言葉の本来の意味は「同性愛者」という意味です。そのうち男性同性愛者をあらわす言葉に勝手に移り変わったにすぎません。

本来は「ゲイ」も「ホモ」も同じ意味なのに、勝手に差別的な言葉だと勘違いをして騒いでいるだけにしか聞こえませんし、

騒いでいる人たちこそセクシュアリティに対して偏見があるのではないかと感じてしまいます。

 

保毛尾田保毛男がキャラとして出演していた時は、今ほど同性愛者に対して理解度が少なかったところはあって、当時は多少なりとも侮蔑的な意味はあったのかもしれません。

ですが、マツコさんやIKKOさんらをはじめとしたタレントが活躍をしている今、フジテレビに悪評がいくらあったとしても、差別的な意味で制作しているとは思えません。

今回、保毛尾田保毛男が行った一連の流れにしても当時のお決まりの流れを踏襲しているに過ぎません。

 

同じ流れだとしても、当時と今を比べれば本質的な表現が違うとなぜ思わないんでしょう。

うわべだけを見て差別だ、侮蔑だと騒ぐことが同性愛者を批判しているとなぜ思わないんでしょうね。

スポンサードリンク


保毛尾田保毛男 フジテレビの対応は?

今回の保毛尾田保毛男騒動で、フジテレビは社長が謝罪をしたのに続き、10月16日に公式サイトでもお詫びをする文章を出しています。

・「性的少数者の方々を揶揄(やゆ)する意図を持って制作はしていなかった」

・「男性同性愛者を嘲笑すると誤解されかねない表現だった」

と記載があります。

今の規制の厳しい時代であれば、差別的な表現は100%批判されることはバカでもわかることです。

それがわからないフジテレビではないでしょうし、本当にバカであればすでにテレビ局として続いていないはず。

そもそも、放送前に事前に告知をしていたはずですし、その時点でフジテレビ社外から大きな抗議などもなかったといいます。

なので、フジテレビだけが悪いとは言えず、告知があっても放っておいた側も悪いのではないでしょうか。

他局では出演者が「ホモ」や「オカマ」と発言した時は「ゲイ」と言い直してもらっている。などの対応をしている背景もあるので、フジテレビが配慮に欠けたといわれると多少はかけているのかとは思います。

それでも、「フジはやりすぎだと思うが、全部制限していったらテレビの魅力がなくなる」という意見もあるので、今の厳しすぎる表現規制も問題であるととらえている人もいます。

今回の件はフジテレビが悪いというわけではなく、もともとの意味を勝手に違う解釈をして差別された、バカにされたとことを大きくしていること自体が問題のように思えます。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*