異物混入粉ミルク 中国でメラミンが混入した事件の驚愕の真相!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国で起こった異物混入粉ミルク事件。

その内容が2/1の世界仰天ニュースで放送

されるます。2000年代の終わり頃に起こった

粉ミルクにあるものを入れると…と業者に

広まっていたある噂。事件の驚愕の真相

とはなんだたったのでしょうか。

異物混入粉ミルク が中国で発生

 

2008年に中国の原乳業者で間で不思議な噂が

広まっていました。

原乳にある物質(異物)を入れるとタンパク質

の値が増えて検定を通すことができる

という危険な噂です。

その異物を入れた原乳から作られた粉ミルクを

中国に住んでいる30万人もの乳幼児たち

飲んでしまいました。

そして、乳幼児たちの肝臓からは謎の石が

発見されるという恐ろしい事件が発生。

今でも異物混入粉ミルクとして、その恐ろしい

事件が風化しないように伝わっているとか…。

スポンサードリンク


 

異物混入粉ミルク事件の驚愕の真相

 

中国で起こった異物混入粉ミルク事件。

その真相は、企業の目先の利益を優先された

許されるべきではない行為の結果でした。

粉ミルクを飲んだ乳幼児たちは体調不良を

訴えて次々に入院していきました。

同じ時期に同じような症状で乳幼児だけが

入院してくるのはおかしい。

何か共通点があるはずだと、そこからこの

事件は発覚しました。

スポンサードリンク


粉ミルクから検出された異物は「メラミン」

と呼ばれる物質です。

メラミンそれ自体は、少量であれば毒性も

少なく体にそこまで害の無い物質です。

昔から食器や接着剤として使われてきました。

ただし、大量に摂取すれば腎臓などの臓器に

影響を与えて結石ができることがあります。

異物混入粉ミルク事件はまさにこれが原因

だったのです。

粉ミルクにメラミンを入れたその理由は

牛乳のタンパク質の含有量を実際の値よりも

多く見せることでした。

タンパク質の量の計算は

窒素定量換算法を使い、全窒素を定量し、

窒素・たんぱく質換算係数を乗じて評価する。

なんのこっちゃですが、

その食品内に窒素がどれくらい含まれているのか

を測定してそこから複雑な計算式で求められる

とでも思っていればいいと思います。

メラミンの化学式は「C3H6N6」

炭素と水素と窒素でできています。

N6とあるので窒素成分が多いと思ってもらって

大丈夫です。

ただ、これだけだとなぜメラミンを混入させたのか

わからないですよね。

そこで関わってくるのが、企業の利益を

求めた非道と非情な行為でした。

スポンサードリンク


 

粉ミルクにメラミンを入れた理由

 

なぜ牛乳にメラミンを入れたのか。

メラミンを混ぜて出荷していた業者が存在

していた地域では、生乳の出荷量を多く

するために、水を混ぜていたそうです。

水を混ぜることで、通常の出荷量よりも

多く出荷できるようになり、水を混ぜている

分だけ原価もかからなくなり、必然的に

利益が大きくなります。

しかし、水を混ぜてしまえば当然、

タンパク質の量は減ってしまいますよね。

そこで、タンパク質の量を偽造するために

メラミンを混入させていたのです。

窒素もそうですが、メラミンは無味無臭のため

たとえ混入していたとしても、ミルクになって

しまえばわからないと考えたのでしょうね。

企業の利益だけを求めた結果、人の命なんて

関係ないという非人道的な考えからこのような

ことが起きてしまったのです。

 

犯人はどうなったのか

 

この事件で6人の乳幼児が亡くなっています。

この事件に関わったとされた犯人は逮捕されて

裁判も行われました。

無期懲役などの重罰を含めて合計21人もの

犯人グループが裁かれました。

しかし、この裁判をもってしても

被害者の家族らは、ミルク製造業の業界団体

や関連当局も罰せられるべきだとして

見せかけの裁判にすぎないと非難している

そうです。

 

異物混入が多い中国

 

あくまでイメージの話になってしまうのですが、

中国は何にしても異物が混入している

ケースが多いように感じられます。

毒入り餃子事件やダンボール肉まん事件など

原材料を少なくするために本来のものとは

かけ離れたあるいは、人体に影響を及ぼす

ものを混入させて販売している事件が多いです。

その他の中国製品でも発火するものや簡単に

壊れてしまうものが多いですよね。

なので、中国製品には良くないイメージを

持っている方がほとんどだと思います。

中国なら安心できるといったものが出て来る

日はくるのでしょうか……。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*