三杉里の現在や八百長 実際に存在していた模様!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三杉里の八百長疑惑は?

三杉里 公似(みすぎさと こうじ、1962年7月(55歳)は、二子山部屋(現・貴乃花部屋)所属の大相撲力士でした。
20年前に十両の階級で引退しました。

26年前の貴乃花親方(元横綱)の初優勝が決まった千秋楽の対戦相手が三杉里で八百長 疑惑を噂されていますが、
貴乃花親方(当時、平幕の貴花田)に知らせず自ら負ける「片八百長」についても「ありません」と三杉里本人が10年前にスポーツ誌に否定しました。

「片八百長」と言われる理由は三杉里の師匠が貴乃花親方の伯父で当時の二子山理事長(元横綱初代若乃花)だったからで、
19歳の史上最年少で貴乃花親方を初優勝させるためです。
このときはたくさんの人がテレビなどで相撲を見て熱狂しました。

スポーツや相撲で以前から八百長の報道がありますが、現在はどうなっているんしょうか。

スポンサードリンク


三杉里の八百長疑惑の発信源はあの人!

フリーライターの武田賴政(たけだ よりまさ)さんが他の相撲の力士の八百長疑惑を週刊現代に書いて、その記事が名誉棄損で訴えられました。

9年前に東京地裁の大法廷に被告側の証人として武田さんが出廷し、その記事以外にこんなことがあったと主張しました。

貴乃花親方が初優勝(92年初場所、当時は幕内貴花田)した時にも(八百長が)あったと聞きました。
ただ、これは彼が主導でやったわけではなく、先代二子山親方が裏で(手を)回しているのを藤田さん(貴乃花親方 の母 )が見たのです」
この八百長の相手が三杉里です。

藤田紀子さんが証人申請されましたが却下されたので、三杉里の八百長については不明です 。

東京地裁はこの裁判では「武田さんが執筆した週刊現代、および同様に訴訟の対象となっていた月刊現代に謝罪広告の掲載」と「847万円の支払い」を命じました。

三杉里が以前、八百長を否定したので現在も、なかったということなんでしょうね。

スポンサードリンク


三杉里の現在の仕事は!

そんな三杉里は現在、東京中野に整体院「三杉里のごっつハンド」を開店しています。

元力士の三杉里 が整体師として直接、マッサージなどをしてくれるのが人気があるそうです。
頭痛、肩こり、腰痛などに効果があるとサイトに書いてあります。

同じような施術をするところで接骨院や整骨院がありますが、ここは柔道整復師という国家資格を持った専門家が施術する所で
整体師は民間の資格を持った人がするところです。
三杉里はその資格を持っていると思われます。

相撲力士から整体師に転身した三杉里の現在が今週の30日(金)の“爆報!THE フライデー”で放送される予定です。

八百長疑惑の話もでるでしょうか。
それが噂で事実と違っていたら、整体師として店をしている三杉里にとっては迷惑な話ですね。

クリーンな相撲の取り組みであってほしいですね。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*