有栖川宮事件の犯人 坂本晴美は現在も政治団体として活動中?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2003年に起こった詐欺事件の有栖川宮事件。

偽の結婚披露宴が行われて多額の祝儀を騙した取った上に、皇族を語った詐欺事件として世間を騒がせました。

有栖川宮事件とは何か、その犯人である坂本晴美の現在はどうなっているのか調べてみました。

スポンサードリンク


 

有栖川宮事件とは?

 

有栖川宮事件(有栖川宮詐欺事件)は2003年に起こった、華族である有栖川宮の祭祀継承者であると偽った男性が偽の結婚披露宴を開催して招待客から多額の祝儀等を騙し取った事件です。

華族とのことで多くの芸能人なども参加をしていたこともあり、被害総額は1200万円にも登ったと言われています。

祝儀代のほかにも結婚する夫婦とツーショット?写真を撮るために1万円の料金が発生したり、30万円もの祝儀を収めていた人物も存在したようです。

★有栖川宮とは?

有栖川宮
有栖川宮は江戸時代に創設された宮家であったが、10代目当主の威仁親王が1913年(大正2年)7月5日に嗣子なく薨去したため、旧皇室典範の規定により断絶が確定、その後、威仁親王妃慰子(やすこ)の薨去により正式に断絶した。有栖川宮家の祭祀は、歴代当主の勲功により大正天皇の特旨を以って、第3皇子の光宮宣仁親王が新たに高松宮家を興した上で継承した。
宣仁親王は1987年(昭和62年)2月3日に世を去ったが、事件当時は妃の喜久子が在世中であったため、有栖川宮家の祭祀は引き続き高松宮家で執り行われていた。「有栖川宮家の祭祀継承者」はあり得ない話だったにも拘らず、芸能人を含む多くの人が欺かれた。
※Wikipedia参照※

Wikipediaにもあるように、あり得ない話だったにも拘らず芸能人含む多くの人が騙されたのは謎が残りますよね。

華族だから騙されることはないと思っていたのか、それとも芸能人へ披露宴の情報を流した人物も含んでグルだったのか…。

詐欺だとバレた理由がたまたま結婚披露宴の報道をみた人からの通報とのことなので、報道されるまで詐欺だとわからなかったということですし、報道した雑誌やテレビも嘘の披露宴と分からなかったということですよね。
天皇バンザイな国なのに当時はホントにこの国は大丈夫なのか?と疑ってしまいました。

一般人に通報されて詐欺事件だとバレてしまうあっけない事件に成り下がってしまった有栖川宮事件ですが、犯人の1人である坂本晴美はいまだに詐欺まがいなことを続けているとの情報もあります。

スポンサードリンク


 

有栖川宮事件の犯人 坂本晴美とは?

 

有栖川宮事件の犯人である坂本晴美は、妻の有栖川晴美として結婚式に参加。夫、有栖川識仁(さとひと)の北野康行、結婚披露宴の会計などを担当していた楠信也が有栖川宮事件の当事者として逮捕されました。

坂本晴美と北野康行は実際に婚姻関係や交際関係などもまったくない人物で、2002年に都内にある宗教団体施設で知り合っていたようです。

そしてこの有栖川宮事件を計画して実行。
参加者357人から総額1200万円をだまし取るという大きな被害を生む事件となりました。

坂本晴美は実は、18歳のときにミス・インターナショナル熊本地区予選大会で準ミスに選ばれているほどの容姿の持ち主でした。

20歳で結婚。その後は相手男性の浮気が原因で離婚をするという人生を送ってきています。

なぜ、坂本晴美が都内の宗教団体に出入りをしていたのかというと、結婚をした時の相手の男性が宗教団体「エホバの証人」の経理をしていた男性であり、坂本晴美自信も信者であったため同じ宗教つながりで出入りをしていたのではないかと思われます。

芸能人は表にはならないですが、何かしらの宗教とつながりのある人が多いです。なのでその伝手を使って詐欺をすることを思いついたのでしょうね。

そして多くの芸能人が騙されてしまったということなのでしょう。

スポンサードリンク


 

坂本晴美の現在は?

有栖川宮事件の現在ですが、事件後裁判で2年2月の実刑判決をうけて。すでに出所をして社会に混じって生活をしています。

夫役であった北野康行も現在は出所していて、坂本晴美と北野康行の2人で「有栖川宮記念」という政治団体を設立しています。

平成25年の情報にはなりますが、有栖川記念は政治資金収支報告書を提出している履歴があったので、現在でも存続しているのではないかと思います。

ただ、全くといって情報がでてこないので、どんな活動をしているのかがほとんどわかりません。
いまのところ事件があったという情報がないのがせめてもの救いでしょうか。

ただ、坂本晴美も北野康行も「有栖川宮記念」を名乗って生活を現在でもしているようで「有栖川記念」の代表も有栖川識仁となっているので、今後も同じ事件が起きないとも限りません。

現在のところ怪しい動きがないだけで、今後も同じことが起きないとはいいきれないので注意まではいかないまでも頭の片隅に覚えておいた方がよさそうですね。

皇族を語った事件の割に刑が軽い気はしますが、すでに刑期も終わってしまったのでどうにもならないのがもどかしいですね。

再び同じことが起きないように警察にしても宮内庁やその関係者の方には目を光らせておいてほしいと思います。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。