吉野家が奨学金を実施!条件はバイト 全額免除の可能性も?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大手牛丼チェーンの吉野家さんが奨学金制度を開始すると発表がありました。

大学生を対象にした奨学金制度になる予定ですが、条件次第では奨学金が全額免除になることもある中々すごい制度になりそうです。

コレを機に吉野家でバイトを始める学生が増えそうですね。

スポンサードリンク


 

吉野家の奨学金とは?

 

牛丼チェーンの吉野家が奨学金制度を実施するって発表がありましたね。

吉野家はこれまでいろいろな施策を行ってきただけに、今回の奨学金の制度がどこまでよいものになるのか期待半分ってところですね。

吉野家が実施する奨学金の制度ですが、

【「吉野家」で働くアルバイトを対象に、大学の入学金や授業料を貸与する奨学金】

ということで、吉野家でアルバイトをしている人が対象になってきます。

まずは、吉野家で働いている高校生アルバイトの中から2018年4月に大学に進学する高校生を対象に希望をとって実施していくようです。

スポンサードリンク


 

吉野家の奨学金の条件は?

 

吉野家で始まる奨学金の支給条件ですが、今のところは、
「大学在学中に週3時間以上働くことが条件」
となっています。

学生の本分は勉強という人もいると思います、将来的に吉野家への就職の道が拓けるので、そんな言葉は気にしないようにしましょう(笑)

条件自体も大学在学中に週3時間以上働くという超ゆるゆるな条件です。
3日じゃないです。3時間です。

大学生はテスト前にバイトを休まざるを得ない学生も多いと思います。
それで条件にそぐわなくなってしまっては奨学金が受け取れなくなってしまいます。

ただ、吉野家の奨学金は週3時間と短い時間で働いても受け取れるので、勉強がむずかいい大学に通っている学生でも、なんとか時間を作ることはできるのではないでしょうか??

奨学金を受け取っているならバイトに出ろという管理者もいるかもしれないですが、そこは無理して出ることでもないですし、そんなことで大学を留年にでもなれば本末転倒です。

そういったところも含めて吉野家はバックアップを考えてくれているとは思いたいですね。

スポンサードリンク


 

吉野家の奨学金 全額免除の条件

 

吉野家の奨学金はある条件下で全額免除になったり、全額までは行かなくても半額免除になる可能性があります。

全額免除の条件は
「吉野家に就職して4年間は働くこと」

全額免除の条件としては破格のゆるさではないでしょうか?

結果的にバイトを含めて8年間以上吉野家では働くことになりますけど、大学4年間はほぼ週3時間であればほぼ働いていないようなものですし、4年間すぎれば奨学金という借金もなくなります。

奨学金の返済で生活が苦しくなってしまう社会人が増えてきている中でこの制度はかなりいいのではないでしょうか。

さらに期待できるのは、全額免除になれなくても半額免除になる可能性があること。

半額免除の条件は
「学費を貸与された人が日本フードサービス協会に加盟する他の外食企業に入社した場合」

つまり、奨学金を貸与されていた学生が万が一吉野家に就職できなくても日本フードサービス協会に加盟する企業に就職できれば、返済は半額になるということです。

吉野家としては、
経済的な問題がある学生を応援するのが目的で、優秀な人材を呼び込む狙いもあるとは思うのですが、優秀な人材が他の業種ではなく同じ外食産業につけばその業界の活性化にもつながります。

吉野家だけでなく、他の企業へのある意味手助けにもなりそうです。

学生がわからしても日本フードサービス協会に加盟する企業一本に絞れるので、就職時の理由、動機づけもし易いと思いますし、奨学金のことは伏せるとしても、業界への熱意は伝わるのではないかと思います。

条件こそゆるい吉野家の奨学金制度ですが、その分倍率も相当高くなるのではないかと思います。

ただ、それを鑑みても破格の制度ではないかと個人的には思います。

もし、奨学金を利用するのであれば、全額ないしは半額免除になるために、頑張って欲しいと思います。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*