鹿沼絵里は夜逃げを若い頃になぜ考えなかったのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿沼絵里の夜逃げ

2003年3月に首吊り自殺した俳優・古尾谷雅人さん(享年45)の妻といえば、女優の鹿沼絵里さんです。

古尾谷雅人さんは気に入らない仕事は断り、次第に仕事が減少して、ローン地獄に陥いり、最終的に借金が3億円までになったそうです。 借金は 鹿沼絵里さんが引き継ぎました。

スナックでアルバイトをしていた時期もあります。こんなたくさんの借金をどうやって返済していたのでしょうか?

夜逃げをしたという噂がありますね。もし夜逃げをしたら、借金取りから逃げる生活をして、現住所を明らかにできません。定職につくこともできず、健康保険に入れず、クレジットカードを作ることができません。また、借金の時効が過ぎても借金が残る場合があります。利子は増え続けます。

鹿沼絵里さんは仕事をしているそうで、夜逃げをしなかったようです。

スポンサードリンク


鹿沼絵里の若い頃

若い頃は何をしていたんでしょうか? 1952年生まれで、東京都出身です。精華学園高等部在学中にスカウトされました。かわいかったんでしょうね。テレビドラマ『太陽にほえろ!』に1972年デビューしました。石原裕次郎が主演で1972年から1986年に放送された有名な刑事ドラマです。このドラマに出演して人気俳優になった人はたくさんいますが、30年以上前のドラマなので、年齢が50代以上になりました。

1970年代後半から1980年代初めにかけて、ドラマの「サインはV」や「西部警察」や「秘密戦隊ゴレンジャー」や映画に出演しました。また、日活を代表するポルノ女優の一人でもありました。 20代の若い頃のことですね。

日活(にっかつ)ロマンポルノとは、1971年から1988年にかけて日活で映画制作された日本の成人映画のこと、多くのスター女優が生れました。

1973年に放送された「サインはV」は主演は坂口良子で、鹿沼エリ(鹿沼絵里)の芸名で高木香の役を演じました。

夫の古尾谷雅人は1957年生まれで、 20歳で劇団ひまわりに入団 し、俳優デビューは1977年の日活ロマンポルノでした。 鹿沼えりと映画で共演しました。

1982年、共演者だった5歳年下の古尾谷雅人と30歳で結婚し、女優を引退しました。息子さんと娘さんが一人ずついます。

スポンサードリンク


鹿沼絵里の近況

鹿沼絵里は45歳のとき、ホームヘルパー1級の資格を取り、介護ヘルパーとして働き始めた。現在は65歳です。東京のホームヘルパーの平均年収は438円です。月平均36.5万円の計算になります。

平均年収が250万円の地方都市もあるので女性としては収入が多い方ですね。

ホームヘルパーのうち60歳以上の人は36%もいるそうで、働きやすい職場かもしれません。

鹿沼絵里は夫が残した借金を14年も返し続けているんでしょうか?途方に暮れますね。

息子と娘が成人なので一緒に借金の返済をしているんでしょうか。

介護サービスを受けている人たちは女優の 鹿沼絵里だと知っているんでしょうか?

表現力があって魅力的なのかもしれませんね。女優のときに人を感動させるセリフをたくさん覚えたはずなので、職場でもそんなことを言って人を感動させているのかもしれません。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*