桑子真帆は大学時代にサンバを極めたアナウンサー界きってのサンバーだった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NHKの超人気アナウンサーである桑子真帆アナは大学時代にはブラジル研究会というなかなか珍しいサークルでサンバをしていたようです。

いまではそのおかげで、アナウンサーきってのサンバーのようで、大学時代にサンバで鍛えた表現力があっていまの桑子真帆アナがあるのだとか…?

スポンサードリンク


桑子真帆は大学時代にサンバで活躍?

NHKのアナウンサーの桑子真帆アナは、いまではNHKで人気ナンバーワンの人気アナウンサーですよね。

そんな桑子真帆アナは大学時代にはサンバを踊っていたようなんです。
サンバを踊るサークルはあまり聞いたことがないのですが、「ブラジル研究会」というブラジルの文化などを知るサークルの一環としてサンバも踊ることがあったようです。

ただ、侮れないのはこのブラジル研究会(ブラ研)は浅草サンバカーニバルで優勝したチームのメンバーが所属しているというサンバ界でもかなり有名なサークルだったみたいです。

しかも、このブラ研は大学の学園祭で、サンバハウスというライブハウスを専用で作って5日間毎日サンバを踊るという聞くだけでハードなサークルだったみたいです。

そんなサークルに所属していた桑子真帆アナですから、当然サンバの技術はアナウンサー界きっての存在なんでしょうね。

実際に桑子真帆アナがサンバのライブなどに出ていた情報はないのですが、サークルにいた以上サンバをやっていたことには間違いなく、大学時代にサンバを通して築き上げた表現力やとっさの対応力がいまに生きているのでしょうね。

そのおかげで今のNHKないでナンバーワンの人気を誇るということもあるのかもしれませんね。

スポンサードリンク


桑子真帆は大学時代に彼氏がいた!サンバでゲットした?

桑子真帆アナは大学時代にはやっぱり彼氏がいたようです。そのころの彼氏は別れなければよかったと後悔を周囲に漏らしていたこともあったようです。

大学時代の桑子真帆アナはそれほど目立った存在でもなく、どちらかといえば地味な部類だったみたいで、アナウンサーになってからもそれはあまり変わっていなかったみたいです。

ただ、気配りなどはかなりできていたようで、その結果がいまの人気なんでしょうね。

元彼氏の別れなければよかったという発言からして、振ったのは彼氏の方からなんでしょうね。まさかここまでの人気アナウンサーになるとは当時は全く思ってなかったというところでしょう。
人気が出てたから別れなけれよかったとか言ってしまうあたり現金な彼氏ですね。

ワタシからするとそんな彼氏とは別れてよかったんじゃないかと思いますね。

振られたこともあってより一層桑子真帆アナのやる気にもつながって今があるんじゃないでしょうかね?

大学時代の彼氏とはどういういきさつで交際にまでいったのかわからないですが、同じブラ研でサンバなどを通して交流などがあったのでしょう。
今となってはいい思いで?なんでしょうね。

スポンサードリンク


桑子真帆が大学時代に取り組んだサンバって?

桑子真帆アナが大学時代にやっていたサンバはブラジルの文化的な踊りです。ブラジルサンバって聞くとあぁ!ってなる人が多いかと思います。

でも、サンバ自体簡単なものではないみたいで大人数で踊るのと同時にリズムの変化などにとっさに対応しなくてはいけないなど難易度は結構高めみたいです。それに加えて元気に明るく踊らなくてはいけないため、表現力も求められてしまいます。

アナウンサーと共通することは、現場でのとっさの判断や表現力ですね。

現場ではなにが急に起きるかわからないですし、その時に起こったことへの判断が求められます。さらには原稿などを読む際にもちろん表現力も求められるので、実はサンバの経験は桑子真帆アナにとって最適だったんですね。

アナウンサーを目指すにあたって、珍しいかもしれませんがサンバに触れてみるのもいいのかもしれないですね。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。