病気

腹壁破裂の原因 確立や胎児(乳幼児)への影響は?

赤ちゃんが生まれる際に本来お腹のなかにあるはずの臓器がお腹の外に出てしまった状態で生まれる病気「腹壁破裂」

あまり馴染みというかこの言葉自体聞くことはほぼないと思います。

確率的にも結構低いとのことで、詳しい原因などもあまりわかっていないみたいです。

胎児(乳幼児)への影響や腹壁破裂はどんな胎児に多いのかなど
いまわかっている情報だけでもまとめてみますね。

スポンサードリンク


腹壁破裂って?

腹壁破裂は、赤ちゃんが生まれてくる際に、本来であれば、小腸や胃などといった臓器がお腹の外に出てしまった状態で生まれてくる病気です。

腹壁破裂は主に未成熟児(体重が異常に低い)に発生してしまうことが多いようで、赤ちゃんが生まれてからすぐに、体内に臓器を戻す手術をするか、皮膚や人工膜で出てきてしまっている臓器を覆わないと早期になくなってしまいます。

近年では、超音波での検査によって生まれてくる前に状態がわかるようになってきているため、昔ほど出産後に慌てて対処をするということも少なくなってきていて、手術の準備をした上で出産にのぞむことが多くなってきているようです。

その影響もあって、助かる赤ちゃんの割合も増えてきています。
合併症なども少ないようで新生児期を乗り切ると周りのことほとんど変わらない正常な子どもに育つことができるようですよ。

スポンサードリンク


腹壁破裂の原因は?

腹壁破裂の原因ですが詳しいことはわかっていないようです。

考えられる原因は

・母親の栄養不足
・薬物やアルコールなどの刺激物
・母親の精神的なものによる心疾患

などがあるようです。

ただ、これらのことが腹壁破裂を起こしてしまうという確定的な原因になっているわけでもなく、気をつけていれば起こさないというわけでもないようです。

逆に妊娠中にアルコールは飲む、タバコも吸うなどをしていても腹壁破裂が起きないこともあるので、やはりあくまでも考えられる原因ということみたいです。

食生活はある程度気をつければなんとかなるかもしれませんが、精神的な状態は中々保つことが難しいと思います。

特に妊娠中はブルーな気持ちになりやすいですし、今までとできることが変わってきてしまったりと変化に戸惑ったりイライラしたりすることが多くなってしまいます。

精神的な状態がホントに腹壁破裂を起こしてしまう原因だとすれば、母親ひとりの問題ではなく、父親やその周りの環境の影響が大いに考えられるので妊娠中は特に気を使ってあげることが重要になりそうですね。

スポンサードリンク


腹壁破裂の確立と胎児への影響は?

腹壁破裂の確立ですが、生まれてくる胎児の中の2万人に1人という確立のようです。

日本の人工的に考えると少ない確立のように見えますが、原因が詳しく特定されていないことや、症例も少ないとのことなのでかなり稀な病気といえます。

胎児への影響ですが、母親のお腹の中にいる間は外気などに触れる心配もないため、ある程度は安全なのだと思います。

ですが、出産後は臓器が直接空気などに触れてしまうため危険なのでしょう。

出産と同時に手術が行われることが多くなってきたので、これまでと比べると胎児や母親への影響は少なくなってきているといってもいいと思います。

ただ、いくら対策が取れていたり、術後は比較的良好な経過をたどると言ってもと、合併症が起きてしまう確立は0ではないため、完全には安心できません。

それでも、昔よりは格段に技術は進化してきているので、腹壁破裂といってもすぐに諦めてしまう病気ではなくなってきているようです。

日本でも腹壁破裂を起こしてしまった例があったようですが、今では元気に育っているという事実もあるので、もし診断をされてしまったらまずは向き合うことから始めて見るのが良いのではないでしょうか?

スポンサードリンク


筋ジストロフィーの初期症状は?子供がかかりやすい病気だった!?

難病とされている筋ジストロフィー。
厚生労働省でも難病指定をされているかなり難しい病気です。

年齢に関わらず発症はすると言われていますが中でも子供、幼少期に診断されると言われています。

更には女の子よりも男の子の方が割合的には多くなっているようです。

スポンサードリンク


 

筋ジストロフィーって?子供がかかりやすい?

 

筋ジストロフィーは遺伝によって起こる疾患群で、時間経過ともに筋肉が損傷や衰弱するといった症状が現れてきます。

原因としてジストロフィンと呼ばれるたんぱく質の不足があげられています。
このジストロフィンは正常な筋肉の機能に必要不可欠とされているのですが、不足してしまうと歩行や嚥下、また筋協調に異常を起こすとされています。

筋ジストロフィーは遺伝的なものであるとされているので、どの年齢がかかりやすいというのは無いようなのですが、多くのうちは子供の幼少期から診断がされるみたいです。

その中でも男の子が遺伝子上の関係で筋ジストロフィーになりやすいと言われています。
染色体や遺伝子などの難しい話になってきてしまうので割愛しますが、子供が男の子の場合は遺伝子に要因がある場合は50%の確立で遺伝すると言われています。

では、遺伝子に要因を持っていない人と結婚して子供を作ればよいのかと言われるとそうではないですよね?

子供はそんな思いで作るものではないですし、仮に100歩譲って相手を選ぶとして厳密な検査などをしなくてはいけなくなります。

汚い話お金もかかるでしょうし、そんなことをして子供を授かったとしても素直に喜べないと思います。

……そしたら遺伝的な要因が強いので、筋ジストロフィーになってしまったものは仕方ないと思うしかないんでしょうか?

それはまた後述するとして、次は筋ジストロフィーの症状や初期にはどんな症状がでるのか記載していきますね。

スポンサードリンク


 

筋ジストロフィーの症状と初期症状は?

 

筋ジストロフィーの初期症状は、体を動かすためについている骨格筋と呼ばれる筋肉の低下です。
転びやすくなったり、階段を登るのに何かの支えが無いといけなくなったり、立ち上がりにくくなるといった症状が出てきます。

初期症状だけ見ると老化のようにも見えますが、年齢が若くても出てきてしまうものなので、もし一般的に高齢と言われる年齢になっていない人が似たような状態になっていると感じたら筋ジストロフィーを疑った方がいいのかもしれないですね。

筋ジストロフィーにはベッカー型とデュシェンヌ型などの型があるようです。

デュシェンヌ型は男児の3千人に1人、ベッカー型は3万人に1人が発症すると言われています。

 

デュシェンヌ型:発育遅延(歩く、走る、ジャプする)が見られます。この症状は2~3歳で見られるようになるので、もし子供が中々歩けないだったりすぐに転んでしまうような状態であればまずは病院にかかったほうがいいかもしれません。

また、心筋も徐々に肥大化して筋力が低下するので、心電図で心拍の異常が現れます。
男児の約33%は、主に言語能力に影響する軽度で進行しない知能障害が現れるようです。

一般的に腕や脚の関節の周囲の筋肉が拘縮してしまい、ひじや膝を伸ばせなくなります。
最終的には脊椎が異常なくらい曲がってしまい車椅子を余儀なくされます。

呼吸関係の筋肉が低下した場合、肺炎などにかかりやすくなってしまうため、多くの方が20歳までに亡くなってしまうようです。

 

ベッカー型:筋肉の低下がデュシェンヌ型よりも重くなくて初期の症状が出てくる年齢も12歳ころと遅めになります。
筋力低下の傾向はデュシェンヌ型と似ている部分があるようですが、車椅子が必要となるのは稀のようです。
ただ、殆どの方が30~40歳で亡くなってしまうようで、子供期を抜けたから安心というわけでは無いようです。

スポンサードリンク


 

筋ジストロフィーに子供がなってしまったら諦めるしか無い…?

 

筋ジストロフィーに子供がなってしまった場合、諦めるしかないのでしょうか…?
せっかくできた子供ですからそんなことはしたくは絶対にないですよね。

筋ジストロフィーは徐々に進行していく病気のため早期発見と早期の治療の開始が重要とされています。

現時点では特効薬と言われるものは残念ながら無いようなのですが、適切なリハビリを行うことで関節の拘縮や変形を予防し、できるだけ生活を維持していくような治療はあるようです。

また、矯正装具を使用したり、硬くなった筋肉の痛みを緩和するために手術を行うこともあるようです。

最近ではクレアチンという物質を服用することで、筋力が改善することが報告されてるようです。
他にも筋肉がジストロフィンをつくれるようにすることで、筋力低下を改善しようとする遺伝子治療の研究もされています。が現時点では効果は実証されていないのが難点なところです。

こう見ると、全く打つ手がない、やはり諦めるしかないと思うかもしれませんが、日夜医療の間では研究はされています。
新薬の研究なども当然ながら行われています。

ココ近年で医療の発達は目覚しいものがあるので、今がダメでも数年後にはどうなっているかなんてわかりません。

リハビリなどを行っている間に少しでも改善が期待できる治療法が確立されるはずです。
長い目で見てほしいと簡単に言えることではないですが、簡単に諦めてしまっていいことではないといえます。

初期症状の発見、特に子供のうちに症状が確認できたのであれば早めに病院にかかって、少しでも筋ジストロフィーの進行を遅らせていけるようにしていくのが今できる最善の行動になるのではないでしょうか。

スポンサードリンク


小川真澄 (パンプキン)の娘の病気の細菌性髄膜炎 乳児は要注意

元パンプキンの小川真澄さんの娘が乳児のときに

かかってしまった細菌性髄膜炎という病気で

後遺症が残ってしまっているみたいです。

細菌性髄膜炎がどんなものか見ていきたいと

思います。

スポンサードリンク


 

小川真澄 (パンプキン)の娘の病気とは?

 

元パンプキンの小川真澄さんの娘は乳児期にかかかってしまった病気によって知的障害が残ってしまっています。

小川真澄さんの娘に知的障害が残ってしまった原因は病気のほかに小川真澄さんが油断をしてしまっていたことにもありました。

小川真澄さんの娘がかかった病気は細菌性髄膜炎と呼ばれる病気です。

小川真澄さんの次女がこの病気にかかってしまったのですが、長女を育ててきたという自信も相まって次女の体調の変化を甘く見ていたのが原因ではないのかと思います。

小川真澄さんも子育てのミスとして今でも悔やまれているところがあるようです。

スポンサードリンク


 

小川真澄 (パンプキン)の娘の病気 細菌性髄膜炎とは?

 

細菌性髄膜炎は、主に乳幼児がかかりやすい病気と言われています。

ただ、原因とされる病原菌が年齢によって異なるという特徴があり、3カ月未満では大腸菌、B群連鎖球菌、3カ月以降ではインフルエンザ菌が多く、成人では肺炎球菌、髄膜炎菌の頻度が高いと言われています。

感染経路は①菌血症による血行性経路、②中耳炎、副鼻腔炎などからの直接侵入、③心、肺など他臓器の感染巣から血行性、④脳外科手術後などの院内感染があるようです。

主な症状として、発熱、激しい頭痛、悪寒があり24時間が発症のピークになります。

ただ、ある程度育った時期と違い乳児期は頭痛や悪寒があっても言葉を話せないので、わかるまでに時間がかかってしまいます。

細菌性髄膜炎は24時間が発症のピークと言われてますが、早期診断と早期の治療がポイントとも言われています。

小川真澄さんの娘は生後6ヶ月でポリオの予防接種を受けた後から、発熱をしていたようです。

小川真澄さんは乳児期や予防接種後によくある発熱だと思っていた部分もあったのかと思います。そのため早期発見ができずに娘に後遺症が残っってしまっていると思っていのでしょう。

ただ、かかりつけの医師に診せても最初は細菌性髄膜炎とは診断されなかったみたいです。
一度目は「突発性発疹」、二度目は「尿路感染症」と診断されてかかりつけの医者ではなく大きな病院に行っています。

そこでも点滴治療をしていたようなのですが、症状は良くなるどころか悪化してしまい、始めてそこで細菌性髄膜炎と判明したみたいです。

小川真澄さんも少しは油断をしていたところがあるとは思いますが、それでもかかりつけの医者が初診で間違った診断をしていたことが娘さんい後遺症を残してしまった原因だと思います。

今から約20年ほど前のことなので、今ほど医療は発達していないにしても、誤診が原因なので小川真澄さんはそこまでミスと捉える必要はないんじゃないでしょうか……

スポンサードリンク


 

小川真澄 (パンプキン)の娘がかかった細菌性髄膜炎の治療方法

 

細菌性髄膜炎の治療方法ですが、急性期には適切な抗菌薬の投与がさ、その他発熱や痛みもあることか鎮痛剤や解熱剤も投与されます。

また、第3世代セフェム系抗菌薬セフトリアキソン+バンコマイシン、あるいはカルバペネム系抗菌薬といった難しい薬も投与されるのですが、これはペニシリン耐性肺炎球菌メチシリン耐性黄色ブドウ球菌といった主要の菌を抑える役目があるため聞いたことがないからといって心配にならないで大丈夫です。

もし乳児期のお子さんがいる方は、急な発熱や寒気や頭痛を訴える状況であれば、細菌性髄膜炎を疑ってください。

乳児期でなくても細菌性髄膜炎にかかる可能性は十分にあるので、少しでもおかしいなと感じた際にはすぐに病院に行くことが大切です。

ひどくなると入院などになりかねないので、決して甘く見てはいけない病気ですので、絶対に注意してください。

スポンサードリンク


ウイルス性急性脳症の原因と症状、治療や予防策は?松野莉奈の死因説も

私立恵比寿中学のメンバーである松野莉奈さんが

18歳という若さでなくなるという訃報が

飛び込んできました。

死因は公式には不明とされていますが、

ウイルス性急性脳症という病気のようです。

その症状や治療法、予防法をまとめましたので

一度目を通してみてください。

スポンサードリンク



 

ウイルス性急性脳症とは?

 

私立恵比寿中学のメンバーである松野莉奈さんが

ウイルス性急性脳症という聞きなれない病気で

亡くなってしまいました。

 

なかなか聞きなれない病気のため、どんな病気

なのか想像がつきにくいですよね。

 

ウイルス性急性脳症は

「中枢神経症状を主体とする合併症」

のことを指すようです。

 

あくまでもwikipediaの情報ではありますが、

かなり珍しい病気の一種らしく明確な対処は

確立されていないようなのです。

 

また、ウイルス感染だけを治療しても完全回復

はあまり期待できないようで、予後も安心できない

難しい病気とされています。

 

ではウイルス性急性脳症の症状はどんなものが

あるのでしょうか?

スポンサードリンク


 

ウイルス性急性脳症の症状

 

ウイルス性急性脳症は風邪を引いたときの症状が

強く現れることが多く、発熱、咳・鼻汁、下痢

咽頭痛や頭痛などが症状としてでてきます。

 

ただ、通常の風邪と違うところは発症してから

数時間~数日後に意識障害や痙攣、異常行動

などの症状が出てきます。

 

ウイルス性急性脳症の症状にはかなりの幅があり

風邪のときに起きる熱性痙攣との境界がなかったり

後遺症が残ってしまうような重い症状がでる

ことも少なくないそうです。

 

ウイルス性急性脳症は合併症であると

前述したのですが、ウイルス感染症(風邪や

インフルエンザなど)の病気が中枢神経にまで

異常を起こしたものです。

 

松野莉奈さんはインフルエンザにかかっており

自宅療養中だったということなので、

ウイルス性急性脳症が直接の死因になっている

ことは間違いなさそうです。

スポンサードリンク


 

ウイルス性急性脳症の原因

 

ウイルス性急性脳症の原因は前述の通り

ウイルス感染症なのですが、特にかかりやすいのが

インフルエンザによる急性脳症のようで

21世紀のはじめ頃には社会問題として大きく

取り上げられていました。

 

もちろん、インフルエンザだけが原因という

わけではないので、初期症状が風邪だから

ウイルス性急性脳症にならないというわけでは

ありません。


エンテロウイルスやアデノウイルス
といった

ものも急性脳症を起こす可能性を秘めています。

また、麻疹や突発性発疹も中枢神経へ異常を

起こす可能性があります。

 

ただ、その場合は髄液中の細胞数が増加して

髄液からウイルスを分離できるこがが多いため

区別するために「ウイルス性脳炎」と呼ぶようです。

 

風邪などの症状が原因なので、風邪の症状が

何日も続く場合や、異常行動が現れだしたら

すぐに病院に行くことをおすすめします。

スポンサードリンク


 

ウイルス性急性脳症の治療法と予防法

 

ウイルス性急性脳症の治療法ですが、

明確な治療法が確立していません。というよりかは

確立するもの難しい病気なのです。

 

症状自体も珍しいこともあるのですが、発症して

から亡くなってしまうという最悪のケースに

なるまでの期間があまりにも短いため

このケースはこの治療法がいいといった

治療法の比較がなかなかできていないのです。

 

では、ウイルス性急性脳症になってしまったら

おしまいなのかと言われればそういうことでもなく

使われている治療法は

・脳圧降下薬

・脳低体温療法


・血漿交換

というものがあるようです。

 

脳圧降下薬は濃グリセリン、マンニトールと言った

薬物を投与して脳浮腫を改善して、脳の血流の

改善を促すというものです。

 

脳低体温療法は体温をあえて低くすることで

脳組織の保護を図るものです。

人工的に体温を下げて低体温にすることで代謝機能

を低下させて、脳内での有害な反応の進行速度

を抑えて組織障害の進行を抑制するものです。

ただ、この治療法は行える施設が少ないようで

有効性の実証がなかなか取れていないようです。

 

血漿交換(けっしょうこうかん)は

血液浄化方法の一つとして使われています。

血漿は血液から血球を除去したもののことを

いうのですが、その血漿をウイルスに侵された

ものから正常なものに置き換えることで

過剰な免疫応答と炎症に関与する物質を除去する

ことを目的としているようです。

 

血漿は献血で得られた血液からものであるので

安全性はほぼ確かなものであるといってよいです。

重い症状のものにはウイルスだけ取り除く

といったことをしても治療後の改善はほぼ

期待はできないため、血液の浄化や脳の血流の

改善などの治療が行われるようです。

 

予防法も明確なものもなく、風邪を引かない

ようにするといった一般的なものしか

ないようです。

 

 

スポンサードリンク


 

ウイルス性急性脳症の危険性

 

ウイルス性急性脳症は他の合併症をも引き起こした

かなり重い症状になると3割が後遺症を残して

しまい3割が亡くなってしまうというデータが

出ています。

 

初期症状は風邪でも長引いたり、いつもと違う

と感じた場合には、安静にしていれば問題ない

という考えは捨てて一刻もはやく病院に

かからなくてはいけません。

 

少しでも自分の体をいたわれるように

してあげてくださいね。

 

 

松野莉奈さんは18歳という年齢にも関わらず

なくなってしまって残念です。

安らかに眠れるようにお祈り申し上げます。

スポンサードリンク