ピューマ渡久地の現在 病気の真相が判明!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピューマ渡久地の記憶が消える!

ピューマ渡久地(ピューマ とぐち)さん(48歳)は20年~30年前に活躍した元プロボクサーです。

国内での優勝経験もありましたが、20年前に引退しました。

現在は東京港区東麻布に「ピューマ渡久地ボクシングジム」を開設して、名誉会長です。

そんなピューマ渡久地さんが、現在、病気だという噂があります。

病気の名前を調べましたが、記憶が消えていく病というだけで具体的な病名は出ていませんでした。

ピューマ渡久地 さんは「解離性健忘」という病気があったそうです。
この病気について調べてみたら、ストレスやトラウマによって引き起こされる記憶喪失だそうです。
自然に、または心理セラピーによって無くした記憶を回復させることが出来るそうです。

記憶が消えていくというのと少し違うようですね。

スポンサードリンク


ピューマ渡久地はあの病気か?

記憶が消えていく病とはどんな病気なんでしょうか。

調べてみたら、過性全健忘と若年性認知症がありました。
過性全健忘は突然、数時間前からの記憶がなくなってしまう病気ですが、通常、24時間以内に症状が消失するそうです。
この病気ではなさそうです。

若年性認知症の中核症状は記憶障害や見当識障害があるそうで、具体的には、物忘れが見られ、数日前の出来事が思い出せない場合や、
大事な予定や約束を忘れてしまうことがあります。忘れた事を指摘されても、
予定を組んだ事自体を忘れてしまうため、「あっ、忘れていた」と思い出せないそうです。

ピューマ渡久地さんの病気はひょっとしたら若年性認知症かもしれません。

ピューマ渡久地さんは現在はどこに住んでいるんでしょうか。
調べてみましたが出ていませんでした。

記憶が消えていく病だったら普通に仕事ができないでしょうし、生活も介護をする人が必要だと思われます。
家にいる場合は家族が介護をするはずですし、施設に入る場合は老人ホームのように費用がかかります。

ピューマ渡久地さんは25年前に生田聡美さんというプロボクシングマネージャーと結婚しましたが、
13年後に離婚しています。二女一男がいるそうですが、お子さんの詳しいことはでていませんでした。

スポンサードリンク


ピューマ渡久地の病気が明らかに!

「ピューマ渡久地ボクシングジム」の会長は現在でも渡久地聡美さんになっています。

元奥さんのようです。
ピューマ渡久地さんの現役時代の減量管理や現役生活を全面サポート、
管理したそうで現在はJBC日本ボクシングコミッションからマネージャーライセンスを交付されています。

現在でもボクシングジムの名誉会長と会長の関係ですね。
身近にいる人だったらピューマ渡久地さんの病気のことに気がついていたでしょうし、協力してくれているかもしれませんね。

そんなピューマ渡久地さんのことが、今週の6日(金)爆報!THEフライデー【あの人は今・・・人生激変SP】で放送されます。
病気のことも明らかになるでしょうし、誰が介護をしているかなども放送されるでしょう。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*